サービス担当者会議の進め方

サービス担当者会議の進め方

サービス担当者会議を行う上でのポイントは以下のような点です。

  • 利用者の自立支援
  •  意見の集約
  • ケアプランを立てるためのチームリーダー
    など。

それらポイントを意識ながらケアマネージャーは話を進めることが必要になります。
そしてもう一つのポイントは、見える化です。

見える化とは、参加者が見える場所に発言の内容を記すことです。
それにより参加者全体で確認しながら進めることができます。
誰がどのような内容を話したかを記すことで、発言のバランスが取れ、内容が整理しやすくなります。

サービス担当者会議 見える化

決定事項を赤で囲み、継続事項を青で囲むなど一工夫することでより見える化の効果が高まります。

また、利用者がいる前だと話せない内容も出る可能性があるので、その場合は少し空白を持たせるか、裏面を使用するのもよいでしょう。

会議が変わった!現場の声を紹介