ワールドカフェ

 ワールドカフェについて

ワールドカフェとは、会議の場では出ないアイデアも、なぜか喫茶店などではアイデアが出るという点に着目し、考えられたグループワークの手法です。

一つのテーマを複数のテーブルで話し合います。
テーブルには喫茶店のように軽くつまめるものや飲み物、そして雰囲気を出すためにお花などを用意します。

ワールドカフェ

終了した時に不思議と参加者全員と話したかのような感覚になります。
そのためワールドカフェは究極の発散方法とも言われています。

介護分野ではまだあまり知られていない手法の一つですが、アイデアを出すような発散を目的とした会議を設けて、ワールドカフェを使うのも良いかもしれません。