介護アンケートについて

会議についてのアンケートを行いました。
介護従事者200名に対し、会議について不満があるか伺いました。

アンケート方法

・ブログ
・口コミ
・事業所単位で依頼

対象者

・介護関係の仕事に従事している者
・過去に介護関係の仕事に従事していた者

アンケートの結果

  • 不満があると答えた方 170票(全体の85%)
  • どちらでもないと答えた方 21票
  • 不満はないと答えた方 9票

不満の例

  • 残業扱いにならない
  • 意見を言っても上司が認めてくれない
  • 場当たり的な会議が多い気が多く効率的、効果的な運営が必要だと思う
  • 勤務外の会議が多い
  • 形ばかりの会議
  • 休日に出てきて会議を行っている
  • 時間が長い
  • 会議を行う時間がない
  • 現場の意見が伝わらず、上司の空論だけで会議になっている
  • もっと現場を見てよりよい介護が提供できる会議にしたい
  • 残業=会議
  • パートさんと正職員とのモチベーションの差がある
  • しゃべる人が決まっている
  • ナースコールに対応しなければいけない
  • 司会をやりたくない
  • 2~3時間は当たり前 など

どちらでもない

  • やはり内容・目的などはっきりとさせて、介護の情報を共有し、より良い方向に進めていければ良い会議の場になる
  • 内容と意識によって随分変わってくる
  • 会議は内容と司会者と参加者により全て違う
  • 質問の意図が分からない など

満足

  • 社内研修も兼ねて外部から講師の方にきてもらっている
  • もっと有意義な会議にしていきたいとは思っているが、今の会議に不満はない
  • 上司がしっかり司会をしてくれているので満足している など

 

また、会議に対しての不満は一つではなく、複数の不満を持っている方が多いことも分かりました。

深くは探っていませんが、従業員の数によっても不満の内容が変わってくるのだと思います。
事業所の規模が大きくなればなるほど、会議の運営は難しくなるものです。

会議にはコツがあります。
そのコツをサイト でもいくつか紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

最後に多くの方々がアンケートに協力していただきました。
本当に感謝しています。

今後とも介護分野の会議に対して様々な情報を発信して行きますので、どうぞよろしくお願いします。
ありがとうございました。

ライト・けあ

godaddy site down my ip subdomains Cunene